LINEと比較される事を運命付けられたカカオトークってアプリ、知ってる人も多いんじゃないかな?
オレも結局スマホに入れてたんだけど・・・LINEしか使ってないわ(苦笑)LINEよりも先に開発されたらしいんだけどね。
そのカカオトークも今やLINEと並んで援助犯罪に使われる出会いアプリ扱いされている現状が有るんだけど、本当の所はどうなんだろうか?
確かにLINEと同じように、IDを書き込んで友達(と言う名の援助相手や異性の出会い相手)を探す掲示板や、スマホの出会いアプリが、そういう犯罪を起こす引き金になっているんだけど、これまた、LINEと同様に、カカオトークの開発元(株式会社カカオジャパンと言うらしい)が色々な規制に乗り出していて今後は、利用規約違反の利用に関する制裁(最悪はID削除、もしかしたら訴訟まで?)とか、ユーザーへの意識向上を図っていって、出会いに対する利便性が薄れていくんじゃないかな?
さすがにココも表の企業で、子供から大人まで幅広いユーザーを相手に商売をしているんだから、それなりのクリーンな印象と、社会的責任が求められるってヤツね(笑)
で折角、スマホアプリとしてLINEに先行して開発したのに今ではLINEに押されているカカオトーク、やっぱり最大の要因はスタンプ機能の違いに有るんじゃないだろうか?
メールでもデコメとか流行ったみたいに、女性って絵で表したい時って有るみたい。
オレにはピンと来ないんだけど、面倒なときや、言葉で言いづらいときに、文字で書かずにスタンプ一発で済ませちゃう、みたいな、事をするって聞いて、まあ、ちょっと納得。
折角のスマホなんだから、今までのメールやチャットと違う機能が勝負を分けるんだろうね。
カカオトークにもスタンプは有るし、しかも無料で良いんだけど、有料でも遥かに多彩なスタンプが使えるLINEのほうに、女性が惹かれちゃったんだろうね。
同時通話機能とかカカオトークの方が優れている部分もあるんだけど、これでは、普通のユーザーの心には響かなかったみたいだね。